ココナッツオイル効果・効能③ヘアケア

ヘアケア
ヘアケアオイルとして使う

まずは週に1回〜2回程度のスペシャルケアとして、頭皮をマッサージしてパック。
血行が良くなると髪に栄養と酸素が行き渡り易くなります。ココナッツオイルのラウリン酸が髪の毛のたんぱく質と結合して傷んだキューティクルと硬くなった毛根と頭皮をダメージから守り補修、修繕し、ココナッツオイルに含まれるビタミンE、ビタミンK、鉄などの栄養素が傷んだ髪の毛の健康な成長を促し、潤いを閉じ込めてサラサラでツヤツヤな髪にしてくれます。さらに保湿効果に加え殺菌効果もあるといわれていますので、薄毛や抜け毛予防も期待できます。
特に夏は紫外線ダメージが気になりますが、紫外線に強いオイルですので日焼け止め効果も期待できますし、冬は乾燥からかゆみやフケが出るのを防ぎます。一年中を通して使えるのはありがたいですね。

マッサージのやり方は簡単。
渇いた髪に大さじ3杯程度ココナッツオイルを全体に行き渡るようにマッサージしながら揉み込みます。この時、量が多すぎると後で洗い流すのが大変になるので長さとダメージ具合を見ながら少しずつ調節を。
全体がしっとりしたら髪全体をラップにくるんで、水に濡らしてレンジでチンした蒸しタオルで包みます。
30分〜1時間くらい置いたら洗い流しましょう。オイルが髪に残らないように念入りに2度洗いしてください。シャンプーやリンスはいつも使うものでOK。
これだけで入浴後、乾かした後の手触りが全然違います!!

また、洗い流さないトリートメントとしても使えるので、その場合は、スプーンの先、小さじ1にも満たないくらいの小量を手の平で温めて毛先から髪全体になじませてください。つけすぎると何日か洗ってないの?って感じのベタベタした髪になるので注意してください。

ちなみにココナッツオイルのメリットは顔についても問題ないところです♡
例えば、お風呂上がりすぐにお化粧水をして、お顔のパックをしている間に市販のヘアオイルで髪の毛を乾かしたり市販のボディークリームを使ってしまうと、パック後の仕上げのタイミングでボディークリームやヘアオイルがお顔につくの嫌ですよね?
でもココナッツオイルは天然成分でスキンケアにもボディーケアにも使えるオイルですからお化粧水をした後はそのまま全身にこれ一本で済みます。
簡単ズボラケア♪

それに朝出かける前に、ワックスに混ぜて髪の毛をセットしたり、湿気の多い日でも軽く塗っておけば一日中しっとりと広がりにくくなり、髪に塗る日焼け止め感覚で手軽にデイリーにもココナッツオイルを使用していれば何の苦労もなく勝手に美髪になるってことです。

ヘアケアだけではなく、食品として摂取すれば、便秘解消やダイエット、スキンケア、アルツハイマー病や動脈硬化の予防等、美容や健康維持の観点からでも優れた効果を実感できると、こんなに良い事尽くめのココナッツオイルですから様々な用途で試してみてはいかがでしょうか?その他効果についても別の記事に詳細の掲載がありますのでよろしければご覧になってください。

ココナッツオイルがマルチに使えるスーパーオイルなんだ!ということはわかってるけど、安いものから高いものもあるし産地も絞り方もいろいろ種類がありすぎて、実際どれを選ぶのが正解なのかわからない。という方はコチラをぜひご覧ください。

ココナッツオイルを買ったけどどうやってお料理に取り入れたらいいのかな?という方は簡単で美味しいダイエットレシピも多数掲載しておりますのでぜひ参考にしてみて下さい♡

Written by ココナッツオイル ラバーズ編集長・黒田真素美